-->
ランケン推奨!
IGマーケッツ証券

取材記事
最近の記事

2012年06月14日

まさかのドイツまで懸念が【鷹鳩】

欧州懸念はまだまだ収まる気配を見せません。いままでは南欧の懸念だけでマーケットが大騒ぎしていましたが、なにやら優等国のドイツまで怪しい兆候が出てきています。

独国債「安全神話」に変化の兆しか、CDSスプレッド拡大続く(ロイター)

ドイツのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の拡大が続いている。欧州債務危機の影響で財政負担が増加するとの警戒感が高まっているためだ。これまで日本のCDSよりも低かったが、逆転現象が常態化しつつある。

欧州の「アンカー」として期待は大きいが、ギリシャやポルトガルからスペイン、イタリアと経済大国に債務問題が広がるなかで、ドイツの負担懸念も徐々に強まっている。

<ドイツ国債の「安全神話」に変化の兆しか>

マークイットのCDSスプレッドデータによると、5年物の日本のソブリン(ドル建て)とドイツのソブリン(ドル建て)は6月初旬に逆転した。2010年7月以降、逆転するのは初めて。2011年10月につけた153ベーシスポイント(bp)までは距離があるが、100bpを超えてドイツのスプレッドは拡大を続けており、足元は縮小気味の日本とは対照的な動きになっている。

2011年の国の債務の国内総生産(GDP)比は日本が211.7%と日米欧7カ国(G7)中最高であるのに対し、ドイツは86.9%と最も小さい(OECDエコノミック・アウトルック)。財政面では健全なドイツのCDSスプレッドが拡大するのは、欧州の債務問題が同国にも影を落とし始めているためだ。「財政負担の増大懸念がドイツのリスクとして意識されてきている」(トヨタアセットマネジメント・チーフストラテジストの濱崎優氏)という。

欧州債務問題は、ギリシャやポルトガルからスペイン、イタリアと経済大国に懸念が拡大。ムーディーズは13日、スペイン国債の格付けを「Baa3」へ3段階引き下げた。すでにスタンダード・アンド・プアーズやフィッチが引き下げていたことから、大きな影響はみられなかったが、市場はイタリアにも疑念の目を向け始めている。

足元の財政状況が健全だとしても、不安にかられたマーケットが国債を売り始めれば、金利が上昇して資金調達コストが膨らみ、財政懸念をさらに強めるという悪循環に陥る。資金力に余裕があるドイツでも大国全てを支えるのは難しいとの懸念がCDSに反映され始めている。

これまで「安全資産」としてマネーが流入してきたドイツ国債でも金利が上昇。13日の海外市場で、独連邦債先物は大幅続落、独10年債利回りは7.1bp上昇の1.50%となった。



ドイツ国債CFDのチャートです。

2012061401.png

ここ数日下落基調なんですよね…。スペインやイタリアの国債が売られる一方で、資金は安全資産であるドイツ国債に流れる…というのがいままでの大きな流れだったんですが。

記事にもある通り、ドイツ国債も売られ始めてて金利は大きく上昇、またドイツのCDSもワイドニング(信用力悪化)しています。

これはドイツそのものへの懸念というより、イタリア・スペイン救済の為にドイツの財政負担が大きなものになってしまう…とういう懸念でしょうね。

となると…。やはり優等国ドイツであっても救済負担懸念からなかなか厳しい立場に置かれる…というこては資金はどこに向かうかというと米国や日本なんでしょうか…。

CFDには米国債や日本国債もあるので、ここでペアトレードはできそうですが…。
それかEUR/USDの売りですかねぇ…。

なんですが、週末にギリシャ再選挙も控え動きづらい相場ではあります…。

IGマーケッツ証券なら各国債券の動きもみれますからFXのトレードにも参考になりますよ。


応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif
posted by CFD at 16:58 | Comment(0) | 債券

2012年05月17日

日本国債先物【鷹鳩】

ソブリンリスクが話題になり、日本財政も大丈夫か!? 日本国債大暴落か!?なんて記事も出て久しいですが…。

実は日本国債は数年ぶりの高値圏で推移してまして金利は低下する一方です。
大暴落で金利高騰…なんて話と逆に言ってる訳でして、まあそんな簡単には暴落しない、ってのは私が前からずっと言ってる所でありますが。

国債先物6月限の建て玉が10兆円突破、2008年8月以来(ロイター)
国債先物6月限の建て玉が17日、10兆0808億円(速報)と10兆円を突破した。建て玉10兆円を超えたのは、中心限月ベースでリーマンショック前の2008年8月以来、3年9カ月ぶり。

UBS証券・シニア債券ストラテジストの伊藤篤氏は、「ギリシャやスペインなど欧州信用問題の深刻化や日銀の金融緩和積極化を受けてロングポジションが入りやすい。ギリシャの再選挙まではショートポジションで勝てる局面がないとの見方が出ている可能性がある。一方で、10年債利回りが0.9%を大きく割り込み、金利低下余地が小さいとみた国内勢を中心に金利上昇リスクをヘッジする動きがあるのではないか。こうした複合的な要因で、建て玉が増えやすくなっている」との見方を示した。




はい、実際は財政懸念で云々ではなくてリスク回避で買われています。
本当にマーケットが日本国債暴落を予見しているならリスク回避で日本国債買いますかねぇ…。てか暴落論者はこの状況をどう説明するんでしょうね?


とは言いつつも…数年ごとに大きく下落することがあるのがこの世界の常識。

日本のメガバンクも国債の上昇で決算が良いって話ですから、逆に下がり始めるとリスク管理の観点から売らざるを得なくなって…。その連鎖で急落することって多いのです。

日本国債先物で勝負するチャンスも出てくるかもしれませんね。


応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif
posted by CFD at 19:15 | Comment(4) | 債券

2012年02月13日

イタリアーナ国債!!凄まじい【鷹鳩】

昨年末にイタリア国債で大儲け?【鷹鳩】なんて記事を書いたのですが覚えていらっしゃいますでしょうか?

なんせホットな南欧州、次のターゲットか?とも言われているイタリア国債ですから、それはそれは物凄い値動きです。イタリア国債は上昇(信用度上昇)したと思いますか? それとも下落(信用度下落)したと思いますか?

実はIGマーケッツ証券が取扱いが始めてから、ほぼ一本調子で上昇してます。

2012021302.png

これ軸の幅の問題で緩やかに見えますけど…。
良く考えると9200だったのが10300まで上昇してて…。10%以上も値上がりしてるんですよね…。

で、イタリア国債はレバレッジ50倍。
1単位トレードするのに約21万円の証拠金が必要です。
1pipで約1000円の利益。
仮にイタリア国債をロングして放っておいたら、1000pipsだから100万円の利益ですね。

21万円の証拠金で100万円の利益…。これぞイタリア国債…。

実は私もイタリア国債をロングにしてました。
でも…あまりに動くので怖くて2日で利食っちゃった(笑)


IGマーケッツ証券の債券先物口座で取引できます。



応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif
posted by CFD at 18:01 | Comment(0) | 債券

2012年01月30日

日本国債暴落!?【鷹鳩】

先週は久しぶりにUSD/JPYにも動きがありましたね。
78円台まで円安にいって、そこからの76円台とUSD/JPYとしたらジェットコースター相場(笑)
なかなか順張りで長く持つのもワークしなそうです。

さて、円安に振れたのに海外で日本の貿易赤字についての言及があったからでは?とも言われています。

貿易赤字材料に円安・株高、米アップル好決算にみる日本の存在感低下(ロイター)
日本の31年ぶり貿易赤字を材料に、ヘッジファンド勢が円売りを仕掛けた。円安を好感し日経平均.N225も3カ月ぶりに8900円台を一時回復。潤沢な所得収支があることから早期に経常赤字にまで転落することはないとして円債市場に動揺は走っていないが、日本の貿易構造が変化している可能性もあるという。


円売りをしかけたHFがその後の円高全戻しでどうなったか知りたいところですが…。
この手の日本弱気スタンスは昔から海外勢には根強くあります。
なぜ、こんなに借金まみれの国の通貨が強いのか、政治も3流、企業も競争力で韓国などに負けてる…。
ですが、ここ数年、日本売りスタンスはことごとく負けているでしょう。
なんていったって日本円が最強通貨ですからね。

さて、通貨のほかに日本国債が暴落するという論調も非常に根強いです。

「日本は倒産する。国債を買うのはバカだ」
『ヘイマン・アドバイザーズ』カイル・バス氏
米国ヘッジファンドマネジャーの告白(現代ビジネス)



この人は日本国債暴落論の一番極端な人ですからちょっと割り引いて見なくてはいけないのですが、なかなか面白いので是非読んでください。もちろん、全面的に信用する、というわけではなく、こういう論者がどういう点に焦点を当てているかということです。

私は、貿易赤字で騒ぐのはあまり乗れないのですが、高齢化社会・年金不足ネタで国債弱気に乗るのはありかなと思います。

日本国債はずーっと国内の金融機関が買っているんです。それは、融資が伸びない、預金は余る、という構造から消極的に買っているんですね。

んでも、団塊世代の高齢化で預金は引出超になる可能性もある。また、年金不足が話題になりましたが、あれも年金に充てるお金を捻出するために運用している債券を売らざるを得ない。国の借金は一向に減る気配なし。

などなど、不安な材料はそこそこあります。

もちろん、2%上がったら日本は破綻なんてのは極論ですが、じわりじわりと構造的に日本国債の消化が難しくなっていくような気がします。

このHFは日本国債をショートにしている、とありましたが、個人投資家は日本国債そのものをショートにすることはできません。ですが、CFDを使って、日本国債先物に連動する商品をショートにすることは可能です。

もし興味があれば覗いてみてください。





応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif
posted by CFD at 17:42 | Comment(0) | 債券

2010年01月15日

JGBの価値…プライスレス【鷹鳩】

まさかSarahさんから『JGB』という言葉が出てくるとは…

国債についてお勉強したい人!!!
                        

【セミナー情報】

日時    1月23日(土) 13:00〜16:00(12:30受付)
場所    コンファレンススクエア エムプラス
      東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル 1F 

講演内容 『国債の需給動向と長期金利の行方』
セミナー内容
       ・大量に発行される国債の消化は可能なのか
       ・財政悪化による日本国債売りは儲からない?
       ・長期金利の低位安定は続くのか
       ・長期金利の動向と他市場への影響
       ・債券先物の売買手法  など


うーん、結構面白そうですね。行ってみたいけど予定が入ってます。。

ちなみに鷹鳩というネームも牛熊のパロディです。ブログを始めるずっと昔っから、牛熊のディーリングルームは読んでました。


さて、せっかくですから、もう一度JGBってなーにって事を書いてみましょうか。


JGBって何のことかと言うとJapan government Bond のこと。要は日本国債です。

一言で言ってしまえば『国債は安全資産である』ってこと。安全資産…?ってピンとこないかと思います。Cステ読者の皆様なら『安全資産っちゃあゴールドだろうが』って思うと思います。それは正解。戦争が起ころうが、インフレが起ころうが、金は金であり、悠久の時代を通じて富の象徴だったというのは過去の記事の通り

金がパニックに備えての安全資産なら、国債は景気後退時の安全資産ってイメージでしょうか。

国債はある一定の利回りを約束した国の借用書。満期まで持てば元本が戻ってくるわけです。しかも日本国の保証付きです。リスクは…一応、日本国が破綻したらお金が帰ってこないのですが、そもそも日本国が破綻している状態で日本円にどれだけ価値があるのかって話ですし、もう通常の経済状態は崩壊してますので、もうどうにでもなれって感じでしょうか^^;  一応、理論的にはリスクフリー資産と言われています。

なので運用会社が投信なんかを作るときでも、株のポートフォリオに加えて必ずJGBを入れます。理論的にそのほうが効率的なポートフォリオになるからです(詳しく知りたい方はマルコビッツのポートフォリオ理論をご参照ください)

安全資産ってのが理論的なところですが、最近はどーもそれも怪しい。アイスランド、ドバイ、ギリシャと国家であってもリスクはあるわけです。昔はアルゼンチンとかロシアも国債を支払わないことがありました。

日本は大丈夫でしょーなんて言ってますが、その国・地方の借金の比率は先進国でぶっちぎりナンバーワン。借金まみれの国です。

しかも今の政権は更に借金を膨らませて、手厚い手当てをつけるという。いくれレンホーさんが『本当に必要なんですか!!』って言っても、借金は膨れ上がります。

実際、海外の格付け機関はJGBの格下げも検討しているという。格下げはあっても全然驚かないですね。



■CMCジャパン■



でも、だからといってJGBが暴落するかっていうとそうでもなく。なぜかって言うと、米国などと違って、JGBは97%が日本国内の投資が保有しているからです。簡単に言うと、仲間内でぐるぐる回して持ち合っているということ。これが海外投資家が多いと、異国の危ない国債なんて売って、自国の国債に入れ替えますよね。日本の場合は、JGBがホームグラウンドの国債なんで、売るわけにはいかないのです。

これが、借金大国ニッポンの国債が暴落しないわけです。超単純化して説明していますが、ホントこういうことなんです。更にいうと、この国債を最終的に買っているのって誰だかわかります?



それは…あなたです。皆さんの預金を預けた銀行や郵貯。その金融機関が、みなさんに預金の利子を払うためにJGBを買っています。つまり、国の借金を国民の預金で賄っているということなんですね。

このことに気付いた時、私はタコがおなかがすいて自分の足を食べる図を想像しました。この認識は合ってます。いずれ借金が国民資産で追いつかなくなったとき…JGBの暴落が始まる…と考えています。






応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif


【NEW】CFDステーション初心者セミナーDVDです!


posted by CFD at 18:31 | Comment(4) | 債券

2009年06月11日

FRBの利上げに賭ける戦略【鷹鳩】

関東地方も梅雨入りしたみたいですね。この時期は体力も気力も奪われます…。

と言ってもられないのが市場参加者の弱み…^^; 

さて、先週の金曜日の雇用統計発表後の動きは凄かったですね。それまでひたすらUSD売りでしたから、その調整も大きな値動きとなって表れたようで。なんか結果が良すぎて『年内に利上げも』という観測も飛び交ったようです(今のところその勢は衰えてきてますが)。

このFRBの利上げ観測。CFDを使うと、この『利上げするか・しないか』もトレードの対象になるんですよ。



まずは1Click!! お願いします
banner2.gifにほんブログ村 株ブログ CFD取引へ



それは『ユーロ・ドル金利先物』と呼ばれる銘柄。
CMC Marketsだとここにあります。

ed.jpg

んでもってこんな風に取引されてます。

ed02.jpg

そもそもユーロ・ドル金利先物ってどういう商品かと言うことから説明します。これは文字通り、ドルの金利を取引する商品。ドルの3ヶ月ものの金利が対象です。Dec09とあるのは12月から3ヶ月間の金利、それ以降も同様です。

上の図で98.79/98.81って提示されてます。この数字を100から引いてください。そうすると? 1.21/1.19ってなりますよね? これが3ヶ月間の金利レートものです。12月から始まる3ヶ月間のドル金利が1.21よりも上昇すると思えば、98.79を売ればいいし、逆に1.19よりも低下すると思えば98.81を買えばOKです。

今の3ヶ月間のドル金利が0.64くらいですから、市場は相当、FRBの利上げを織り込みにいっていることが想像できますね。

FXと合わせてユーロドル金利先物のポジションを組めば、戦略がめっちゃ増えます。ワクワク。



アンケート受け付けています!よろしくお願いします!



Cステとひまわり証券のタイアップが実現!!
座談会の記事はこちら…☆

cfdcamp_09_004_header.gif
cfdcamp_09_004_quotitle.gif


QUOカードが貰えちゃいます!!! 


posted by CFD at 22:49 | Comment(0) | 債券

2009年04月02日

何ぞこれ? JGB先物-2【鷹鳩】

前回の記事『何ぞこれ? JGB先物』の続きです。

さてJGBってのが国債ってのは分かりました。そしてCFDを使えばこのJGB先物も取引できるってことも分かりました。

でも…そもそもJGBってどんな値動きするの?って話もあると思います。ちょっとそこらへんを解説していきましょう。

一言で言ってしまえば『国債は安全資産である』ってこと。安全資産…?ってピンとこないかと思います。Cステ読者の皆様なら『安全資産っちゃあゴールドだろうが』って思うと思います。それは正解。戦争が起ころうが、インフレが起ころうが、金は金であり、悠久の時代を通じて富の象徴だったというのは過去の記事の通り⇒金取引の基本【鷹鳩】

金がパニックに備えての安全資産なら、国債は景気後退時の安全資産ってイメージでしょうか。

国債はある一定の利回りを約束した国の借用書。満期まで持てば元本が戻ってくるわけです。しかも日本国の保証付きです。リスクは…一応、日本国が破綻したらお金が帰ってこないのですが、そもそも日本国が破綻している状態で日本円にどれだけ価値があるのかって話ですし、もう通常の経済状態は崩壊してますので、もうどうにでもなれって感じでしょうか^^;  一応、理論的にはリスクフリー資産と言われています。

なので運用会社が投信なんかを作るときでも、株のポートフォリオに加えて必ずJGBを入れます。理論的にそのほうが効率的なポートフォリオになるからです(詳しく知りたい方はマルコビッツのポートフォリオ理論をご参照ください)

前置きが長くなりましたが、こんな感じでJGBには需要があって、毎日膨大な金額が取引されてます。流動性はあるのでトレードチャンスはあるかと。

さて、値動きですが、基本的に株とトレードオフの関係になります。株が上がればJGB下げる、株が下げればJGB上がる。先ほど述べたように、リスクゼロの資産なので、株が駄目だってときに助けて〜って感じで資金が流れてくるんです。逆に株の方がチャンスあるんじゃね?って時はJGBから株に資金が流出する。

最近、日経平均が堅調ですよね? やっぱりJGBは140円手前から一気に137円後半まで下落しました。んー? あんまりたいしたことない? いえいえ、JGBは1枚1億円!の元本ですので、この値動きで200万円くらいの収益になります!! ええってビビらなくても大丈夫。CFDではその10分の一のminiってやつもありますから。

前回、私JGB先物はCMCJAPANだけって書いちゃいましたが嘘でした。CFDが始まる前からJGB先物に取り組んでいた大御所がいるのは忘れてました。ひまわり証券です。

こないだ取材に行ったときに聞きましたが、このJGB先物ってかなーり流行っているらしいですよ。

『何取引してるの?』『ん? JGBだよ』『きゃー、かっこいい』ってことにもなるかもしれませんよ^^;


Let's join JGB Market!!



最近下がってきました(T_T) 応援よろしくお願いします!↓
banner2.gif
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ

posted by CFD at 22:10 | Comment(7) | 債券

2009年03月26日

何ぞこれ? JGB先物【鷹鳩】

どーも、鷹鳩です。

ランケンさんもNYから帰ってきました。成田で貨物機が着陸失敗した事故のあおりを食らったって…。カワウソー。Cステの読者の皆様にもちゃーんとお土産を… 買ってきてますかね…?

さて、4回にわたってお送りした原油系取引戦略も一旦終わりとしまして、今回からは別企画。

CFD取引でも取り扱い銘柄が多いのがCMC Marketsです。実際に口座開設している方は銘柄を選ぶのも一苦労でしょう。つらつらーっと観て行って『何ぞこれ?』ってのも多いと思います。

そこで鷹鳩が思う『何ぞこれ?』銘柄について紹介していこうと思います。第一回目はJGB先物です。

JGB先物は今のところCMCだけ↓
 PR CFD取引ならCMC Markets
 PR システムトレードはODL JAPAN

まず、どこにあるかっていうと

jgb.jpg←ここ











そしてここ最近の値動きは

jgb2.jpg←こーんな感じ








JGBって何のことかと言うとJapan government Bond のこと。要は日本国債です。FX、株、金・原油って言うとなんとなくイメージ付きますよね。でも国債の市場とか値動きってあんまりイメージわかないと思います。

それは何でかっていうと、まず国債って参加者の99%がプロで、一般的にあまり知られてないってこと。あと、債券は利回りで取引するのでややこしいし、よーわからんってこと。

でもね、ほんの10年前まで外国為替だって金融機関と企業など限られた参加者だけのマーケットだったわけです。為替レートだって最初は何のことやらって感じじゃなかったですか? なんで90円から80円になって下がっているのに『円高』って言うの?って感じじゃなかったですか?(少なくとも鷹鳩は学生のときまでそー思ってました^^;)

せっかく取引できるのに食わず嫌いなのもアレですからやってみましょうよ! それに…実はJGBマーケットって非常に独特というか、クセのある動き方をしてまして、極めれば高確率で勝てる面白いマーケットなんですよ。

続きはまた次回。。

面白そうと思った方。是非コメントを残していってください。

最近下がってきました(T_T) 応援よろしくお願いします!↓
banner2.gif
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ

posted by CFD at 21:52 | Comment(1) | 債券