-->
ランケン推奨!
IGマーケッツ証券

取材記事
最近の記事

2012年04月06日

ボラ買い戦略が来た【ランケン】

先週書いたVIX買うかオプション売るかってのがうまく来ましたね。
予想通りって訳でもなくって消去法ではありますが、うまくはいりました。


VIXでも買うしかないかな〜


VIXも上昇してますが、やっぱりうまみがあったのは225のオプション。

VIX20120406.JPG


4月のCALL売って、5月6月のPUT買いですね。
PUTはもう終わり。
CALLは今日の雇用統計の結果が悪かったので、もう腐らせちゃっていい気がするな。
よっぽど良ければ別ですが、イースター休暇だし、そんなに鋭く上がるとは思いません。

SQまで後4労働日しかないし〜。
イースター休暇の中で、後4日で500円以上は上がらないべ〜。

しかも円安が止まってるので、日経平均が動く理由はほとんどなし。
唯一の懸念材料が雇用統計ですが、相当驚くような数字じゃないとムリでしょう。

CALL売ってる分にはたいしてコワイ相場じゃないと思ったりしてます。
それでも十分にコワイけど。。。(超チキン。。。)

どうでもいいですが、AIJ投信とかよく何千億円もオプションやってましたよねぇ。
全部オプションじゃないでしょうが、それでもチキンのランケンには絶対に耐えられない。
分かってたらメンタル維持できなくないすかね〜。

まぁ、2000億も溶かしても、投信を売ってたらしいですから普通のメンタルな人じゃないでしょうけど。。。
オプションって地震以降本当に怖いです。

地震前から、これはコワイ取引だって思ってましたが、地震の経験は本当にオプションの怖さを身をもって知りました。
何か分からんものに対する保険の取引ってのがやっぱりコワイんだよなぁ。

何が起こるか分からんもの。
ちゃんと逆指ししてればいいんでしょうが、北朝鮮がミサイル打って日本に命中しちゃったりとかがあったら、逆指しどうなるんだろう??
今の所は機能してるけど、理屈的にはランケンが買いを入れたはるかに上に一斉に付けられたら、通らんでしょ?

 PR FXもCFDも同時に出来るIGマーケッツ証券
 PR コモディティならドットコモディティ

例えば、ランケンが20円とかに逆指しの買いを入れても、他の人がみんな100円指したらつかないよねぇ。。。
成行で止めるんだろうなぁ。
それでも、すげー上に付いたりするに違いない。
売ってる奴、全員終わりみたいな。。。

地震の時ってCALLすら上がりましたからねぇ。
ランケンの師匠は売り向かったらしいし、ランケンスクールの受講生の方も売り向かったらしいですが、よくあの状況で売れるもんだ。。。
理屈では分かっても、あの地震でメンタルついていかない。。。
ヘタレです。。。

先週、スクールの飲み会があって、師匠がいたから変な刺激を受けてるんだな。。。
どうも師匠にあった前後にオプションやってる気がしなくもない。。。

本当は、先物使いながらうまく出来ればいいんでしょうけどね。
昼間に出来ない人間にはどうもツライ。。。

良い子はVIXにしましょうね。
17ポイントぐらいはついてましたよ。

応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif
posted by CFD at 23:31 | Comment(2) | ランケンのCFD予備校

2012年04月05日

FXとリーガルリスク【鷹鳩】

twitterでふとみつけたこんなニュース

23歳著名FXトレーダーを逮捕(ゆかし)
英ロンドンの高級クラブで、重さ45キロで30リットル入りのボトルを一晩で空けるなど30万ドル(約2500万円)を使うという豪快なパーティーを開催した、著名FXトレーダーが、不正な外国為替証拠金取引スキームに関与した疑いで、FSA(英金融サービス機構)が逮捕した、と地元紙が伝えた。

 報道によると、逮捕されたのはアレックス・ホープ容疑者(23)で、個人専業トレーダーとして成り上がり、事業を起こすなど各メディアでも取り上げられ、ちょっとした有名人だった。

 年収300万円以下のサラリーマンからスタートし、FX取引はわずか5万円程度の少額の資金からスタートして、現在の地位を築くまでにいたったという。

 ホープ容疑者の現在の資産はどの程度かは明らかにされていないが、先日は、ロンドン市内の高級クラブで大盤振る舞いしている様子も伝えられた。

 1本が重さ45キロにもなるボトルで20万ドル(約1600万円)という世界最高額のシャンパン「Ace Midas 30L」を注文。他の来店客にもごちそうする大盤振る舞いで、一晩でもろもろ、30万ドル(約2500万円)を店に落としていったというのだ。

 現在、個人のホームページは閉じられている。



5万円からスタートでおそらくはウン億円(あるいはもっと)まで稼いだまさにFXシンデレラ…。
しかし、その結末はなんとも寂しいものですね…。

『不正な外国為替証拠金取引スキームに関与した疑いで、FSA(英金融サービス機構)が逮捕した』の詳しい内容は分かりませんが、FXに関わるこの手の法律的なリスク(リーガルリスク)は実は結構身近に潜んでいます。

かくいう私もきちんと規則に従って運用をしようと各省庁へ足を運び書類を書き書き。
ここの所、詐欺ファンドが非常に多い(多分皆さんが考えているよりも多い)ので規制も厳しくなりつつあります。
金融関係、トレード関係で何かビジネスをやろう、というのは大きな規制がかかるものです。

具体的には、その業務内容、度合によって(たとえ個人がブログなどで金融サービスを提供するにしても)
第一種金融商品取引業、投資運用業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業などの登録が必要になります。

ブログなどを通じて無許可で安易にトレードに関するサービスを提供している個人も山ほどいますが…。

連絡がないのは、それが合法だから、ではなくて単に省庁がそこまで手が回っていないだけ、と考えるべきでしょう。

いつ連絡が来るか分かったもんじゃありませんよ…。リーガル・リスクは甘く見無い方が良いです。







応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif
posted by CFD at 17:06 | Comment(0) | 鷹鳩の世界の市場から

2012年04月03日

個人とFRBの価格操作は同じかな〜【ランケン】

Sarahちゃんにも指摘されてますが、悶々としています(笑)。
全般的にこれって言うのがなくて、ランケンとしては、ちょっと萎えてます。。。

Sarahちゃんのコメントにもうり坊さんからコメント頂いてたり、ランケンの師匠からも話を聞いたのですが、日本の個別株が少し熱くなってますかねぇ。
あ、ちなみに、うり坊さんって日本株では有名な方です。
本も出しててランケンも一回読ませて頂いたことあります。
三空さんとかと仲がいいというか、仕事してるというか(笑)。

ランケンみたいなサラリーマンには、日本の小型株の小さい奴って、ほんとにやりにくい世界です。。。
土曜日も稀代の相場師が相場を今作ってるんだなんて話を師匠に聞いたんですが、いやぁスゴイ。
よくやってるよなぁ、平日の昼間にあんなの。
しかも、全部中小の株で、会社名も知らないような奴ばっかり。

こういうのって、情報が命みたいな所あるし、中には株価を動かせる人も個人か機関投資家かどうかを問わずいるそうで、主に2Ch辺りが強烈です。
で、その情報を見ながら取引してる人がまたたくさんいて、数十億とか下手をすると数百億みたいなお金を作ってる人たちもいる。

ランケンの師匠もそんな中の人。
ジャンキーですわ(爆)
ランケンスクールのスタッフのQちゃんに言わせると、師匠とランケンは数字で会話してるので、やめてほしいってさ(笑)。

うり坊さんの個別株空売り情報も面白いですが、証券コード聞いておいてゴメンナサイですが、コードもらってもカモになっちゃうだけな可能性が高くなりそうで怖いですねぇ。
個別株って、本当に数倍になりますし、コモディティを超えるもん。

 PR FXもCFDも同時に出来るIGマーケッツ証券
 PR コモディティならドットコモディティ

で、仕手戦の話なんかを師匠から聞いて、後で考えてみて思ったんですが、世界最高の相場師はFRBかなぁって。
アメリカのヘッジファンドですら、FRBには逆らうなって言いますからねぇ。
中小型株で、株価操作をしている人はいっぱいいるんでしょうが、国家でやってるのはまさにアメリカのFRBでしょうね。

最近はECBもそれに近い事をしていますし、あれは国債で、結局価格操作をしてる訳です。
レベルというか階層の違いに過ぎなくて、数百億や数千億で個人や機関投資家がやってるのを、数百兆円単位で株価指数を相手にバーナンキ議長はやってるんだな。

そう言う考え方って多分間違ってないし、本来のグローバルマクロ戦略はそうなんでしょうね。
だからこそ、要人発言やらFRB声明やらを、多くのヘッジファンドが見てる。
ちなみに昨年のヘッジファンドトップ10の内の6つはグローバルマクロ戦略だったとかってどっかで読みました。(ランケンスクール運営してくれてる中田さんに確認した方がいいかなぁ)

市場が完全だなんていう人の気がしれない。
アカデミックの世界では本当に政府が何もしなければ、市場は完全だなんて言いますが、それもアホな話です。
政府だって、市場のプレイヤーだし規制をかけないとかあり得ない。
市場が完全なんて信じてる市場参加者はいないと思いますが、個人投資家には割と根強い支持を得てるのはなんでしょうね。

きっとエライ人や権威に弱い人なんだろうなぁ。
逆に言うと権威がないものはあまり信じないというか、そういうのって人間のどっかにありますよね。
ランケンもあるな。

えーと、CFDではあんまり小型株ってないので、仕手系はやりにくいですね。
まぁ、比較的安いし動くので現物とかでやるのがいいみたいです。

応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif
posted by CFD at 21:25 | Comment(0) | ランケンのCFD予備校

2012年04月02日

貴金属現物渡しサービス【鷹鳩】

新年度ですね! 
暖かくなってきてなんともなしに嬉しい気持ちになります。春が一番好きですねぇ。
新社会人の方もそうでない方も今年度もCFDステーションを宜しくお願いします。

さて…。

ドットコモディティさんが、貴金属積立・貴金属現物(スポット)取引サービスを開始したというニュースを読みました。

貴金属積立・貴金属現物取引のサービスが始まります。
金(GOLD)は商品(コモディティ)と通貨(マネー)の2つの価値を持つ唯一無二の存在です。
昨今では米ドル建て資産の減少を心配する人が多くなってきたことや、各国の中央銀行までもが金を買い始めたことが昨今の金相場の高騰の背景です。なかには国家戦略として金の保有を高めようとする国も出てきております。

かつて、お金の価値は「金」や「銀」などに裏付けされていましたが、1971年のニクソンショック以降、
米ドルはどの資産の裏づけもない紙幣となりました。
資産の裏づけがなく、「信用創造」によっていくらでも作り出すことのできる米ドルの危機に気づいた国や投資家が、いま金を買い続けています。

現物資産だから、親から子へ、子から孫への相続資産としても優れています。
不動産と異なり、固定資産税がかからないうえにいつでも売却できることから換金性にも優れています。
バーの大きさにより小分けできるのもメリットといえるでしょう。



CFDはあくまで証拠金取引。これは現物取引でほんとに金の現物を売買するということでしょう。
前々から田中貴金属とか三菱マテリアルとかで純金積み立て的なのはありましたが…。
金融商品取引業者が取り扱うのって珍しい気がします。
何がメリットかというと、やはり貴金属を現物で持つ安心感。
証拠金取引ですと、どうしても投機的ですし、業者のカウンターパーティリスクもありますし。
そもそも日本が沈没したらどうにもなりませんし。
金の延べ棒で保管しとくとかっこいいでしょ?(笑)

で、ポイントは。

毎月定額積立もできるけど、スポット取引もできること。
さらに1日1回の固定売買価格ではなくて1時間おきに価格が更新されるという。
(CFDやFXではリアルタイムですけどね(笑))
トレードツールからも発注できるので便利ですね。

現物出庫の対応時期は未定ですが、いずれ対応するでしょう。
じゃないと現物取引の意味もないし。












応援よろしくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
banner2.gif
posted by CFD at 17:28 | Comment(0) | 商品